マツダ アクセラハイブリッド(AXELA_HYBRID)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

マツダの新車ディーラーを探す

マツダ アクセラハイブリッド 2017年9月(平成29年9月) 発売モデル

マツダ アクセラハイブリッド

スポーツコンパクトのマツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で設定。「アクセラハイブリッド」のラインアップは、SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)搭載の「ハイブリッド‐C」、「ハイブリッド‐S プロアクティブ」、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」をハイブリッド専用として開発、モーターと組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lの優れた燃費性能となった。トランスミッションには、電気式無段変速機を採用。今回、改良を行った。先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備し、車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「先進ライト」を設定。また、ドライバーの死角になりやすい車両側方および後方の危険認知をサポートする「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」や「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」などの標準化も進めている。さらに、駐車場や幅の狭い道路などを低速で運転する際に、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ハイブリッド−C DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,505,600
ハイブリッド−S プロアクティブ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,651,400
ハイブリッド−S Lパッケージ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 28.0km/l 2,879,000

マツダ アクセラハイブリッド 2016年7月(平成28年7月) 発売モデル

マツダ アクセラハイブリッド

スポーツコンパクトのマツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で設定。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。「アクセラハイブリッド」のラインアップは、SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)搭載の「ハイブリッド‐C」、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」をハイブリッド専用として開発、モーターと組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lの優れた燃費性能となった。トランスミッションには、電気式無段変速機を採用。今回、「ハイブリッド‐S プロアクティブ」を設定。また、大幅改良を行った。エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーなどのSKYACTIV技術群を統合的に制御することで、「人馬一体」の走行性能を高める新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第一弾「G‐Vectoring Control(G‐ベクタリング コントロール)」や、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV‐D」のノック音自体を抑制し心地よいエンジンサウンドを追求した「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」などを初採用。エクステリアは、クルマとしての骨格を重視し、水平基調の造形で左右への広がり感と前後方向の軸の強さを追求。ワイド&ローなスタンスを際立たせ、大人の落ち着きを感じさせる精悍かつ品格のあるプレゼンスを実現。インテリアは、ひとつひとつ細かな質感アップを積み重ね、スポーティでありながら落ち着きと品格のあるインテリアを表現。安全面では、ブレーキ自動制御で衝突被害を軽減する「アドバンスト スマート・シティ・ブレーキ・サポート」を採用。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ハイブリッド−C DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,473,200
ハイブリッド−S プロアクティブ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,651,400
ハイブリッド−S Lパッケージ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 28.0km/l 2,879,000

マツダ アクセラハイブリッド 2016年3月(平成28年3月) 発売モデル

マツダ アクセラハイブリッド

スポーツコンパクトのマツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で設定。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。「アクセラハイブリッド」のラインアップは、SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)搭載の「ハイブリッド‐C」、「ハイブリッド‐S」、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」を新たにハイブリッド専用として開発、モーターと組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lの優れた燃費性能となった。トランスミッションには、電気式無段変速機を採用。エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。より低く構えたグリルに、「シグネチャーウイング」を採用。インテリアでは、ステアリングホイールや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウト、クルマとドライバーの一体感を演出。また、走行安全性を最優先に考えた新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT」を採用。安全装備には、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」&AT誤発進抑制制御を標準装備。また、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」には、夜間の前方視界確保をサポートする「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と車線逸脱の危険をドライバーに警告する「車線逸脱警報システム」を標準装備。さらに、18インチタイヤ&アルミホイールを設定。今回、カラー変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ハイブリッド−C DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,473,200
ハイブリッド−S DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,586,600

マツダ アクセラハイブリッド 2014年11月(平成26年11月) 発売モデル

マツダ アクセラハイブリッド

スポーツコンパクトのマツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、ハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で設定。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。「アクセラハイブリッド」のラインアップは、SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)搭載の「ハイブリッド‐C」、「ハイブリッド‐S」、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」を新たにハイブリッド専用として開発、モーターと組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lの優れた燃費性能となった。トランスミッションには、電気式無段変速機を採用。エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。より低く構えたグリルに、「シグネチャーウイング」を採用。インテリアでは、ステアリングホイールや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウト、クルマとドライバーの一体感を演出。また、走行安全性を最優先に考えた新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT」を採用。今回、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」&AT誤発進抑制制御を標準装備。また、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」には、夜間の前方視界確保をサポートする「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」と車線逸脱の危険をドライバーに警告する「車線逸脱警報システム」を標準装備。さらに、18インチタイヤ&アルミホイールを設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ハイブリッド−C DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,473,200
ハイブリッド−S DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,586,600
ハイブリッド−S Lパッケージ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 28.0km/l 2,813,400

マツダ アクセラハイブリッド 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

マツダ アクセラハイブリッド

スポーツコンパクトのマツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、新たに設定したハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で設定。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。「アクセラハイブリッド」のラインアップは、SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)搭載の「ハイブリッド‐C」、「ハイブリッド‐S」、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」を新たにハイブリッド専用として開発、モーターと組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lの優れた燃費性能と走りの楽しさを高次元で両立。トランスミッションには、電気式無段変速機を採用。エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。より低く構えたグリルに、金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウイング」を採用。インテリアでは、凝縮感のあるドライバーオリエンテッドな空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立し、ステアリングホイールや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウト、クルマとドライバーの一体感を演出。また、走行安全性を最優先に考えた新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT」を採用。スマートフォンやタブレット端末の普及によりインターネットへの常時接続が日常化している現在、クルマの中においても、様々な情報の取得と発信が可能。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ハイブリッド−C DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,440,800
ハイブリッド−S DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,570,400
ハイブリッド−S Lパッケージ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,700,000

マツダ アクセラハイブリッド 2013年11月(平成25年11月) 発売モデル

マツダ アクセラハイブリッド

スポーツコンパクトのマツダアクセラシリーズ。バリエーションには、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」、4ドアセダン「アクセラ」、チューニングスポーツ「マツダスピードアクセラ」、新たに設定したハイブリッドモデル「アクセラハイブリッド」を用意。日本メーカーとして初めて、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッドシステムの3種類のパワートレインを同一車種で設定。「SKYACTIV技術」の他、先進安全技術「i‐ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を採用。「アクセラハイブリッド」のラインアップは、SKYACTIV‐HYBRID(SKYACTIV‐G 2.0+モーター)搭載の「ハイブリッド‐C」、「ハイブリッド‐S」、「ハイブリッド‐S Lパッケージ」を設定。「SKYACTIV‐G 2.0」を新たにハイブリッド専用として開発、モーターと組み合わせることで、JC08モード30.8km/Lの優れた燃費性能と走りの楽しさを高次元で両立。トランスミッションには、電気式無段変速機を採用。エクステリアは、マツダの新世代商品共通のデザインテーマ「魂動‐Soul of Motion」を採用、ダイナミックで生命感のある動きをコンパクトなCセグメントのサイズで実現。より低く構えたグリルに、金属の塊から削り出したような重厚な質感の「シグネチャーウイング」を採用。インテリアでは、凝縮感のあるドライバーオリエンテッドな空間と、開放的で心地よいパッセンジャー空間を両立し、ステアリングホイールや単眼メーターとドライバーの体の中心を同軸にレイアウト、クルマとドライバーの一体感を演出。また、走行安全性を最優先に考えた新カーコネクティビティシステム「MAZDA CONNECT」を採用。スマートフォンやタブレット端末の普及によりインターネットへの常時接続が日常化している現在、クルマの中においても、様々な情報の取得と発信が可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ハイブリッド−C DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,373,000
ハイブリッド−S DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,499,000
ハイブリッド−S Lパッケージ DAA-BYEFP 1997cc 4 CVT FF 5名 30.8km/l 2,625,000

マツダ アクセラハイブリッドの車種カタログ情報ならGoo-net