マツダ キャロルエコ(CAROL_ECO)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

マツダ キャロルエコ 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

マツダ キャロルエコ

マツダの軽自動車「キャロル エコ」。R06A型エンジンを搭載し、副変速機構付CVTを用意。グレードは、2WDモデルの「ECO-L」、2WD/4WDモデルを用意する「ECO-X」を設定。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」など、エネルギー効率を高める技術の採用に加え、車両重量の軽量化や、エンジンとCVTの高効率化など既存技術の改善を行うことで、燃費性能が大幅に向上。アイドリングストップ中のエアコンオフ時に、送風を蓄冷材で冷風にすることで室温上昇を抑え、車内の快適性を向上させる技術「エコクール」を採用。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ECO−L DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 35.0km/l 873,720
ECO−X DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 35.0km/l 1,014,120
ECO−X DBA-HB35S 658cc 5 CVT フルタイム4WD 4名 32.0km/l 1,116,720

マツダ キャロルエコ 2013年12月(平成25年12月) 発売モデル

マツダ キャロルエコ

マツダの軽自動車「キャロル エコ」。R06A型エンジンを搭載し、副変速機構付CVTを用意。グレードは、2WDモデルの「ECO-L」、2WD/4WDモデルを用意する「ECO-X」を設定。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」など、エネルギー効率を高める技術の採用に加え、車両重量の軽量化や、エンジンとCVTの高効率化など既存技術の改善を行うことで、燃費性能が大幅に向上。アイドリングストップ中のエアコンオフ時に、送風を蓄冷材で冷風にすることで室温上昇を抑え、車内の快適性を向上させる技術「エコクール」を採用。今回、現在採用しているエネチャージ、アイドリングストップシステム等の低燃費技術に加え、燃焼効率改善と圧縮比向上、摩擦抵抗低減、パワートレインの制御最適化を行った。これにより、JC08モード燃費が2WD車で33.0km/Lから35.0km/L、4WD車で30.4km/Lから32.0km/Lに向上。全車がエコカー減税の免税対象。さらに、燃費性能としては、ピストン形状改良により燃焼効率を改善し、圧縮比を11.0から11.2に向上。また、4WD車でエンジン始動直後、CVTクーラーへのエンジン冷却水の流れを遮断し、冷却水を早期に温めることで、ヒーターが効き始めるまでの時間を短縮。ボディカラーに新色「シャンパンピンクパールメタリック」、「フェニックスレッドパール」を採用。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ECO−L DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 35.0km/l 849,450
ECO−X DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 35.0km/l 985,950
ECO−X DBA-HB35S 658cc 5 CVT フルタイム4WD 4名 32.0km/l 1,085,700

マツダ キャロルエコ 2013年3月(平成25年3月) 発売モデル

マツダ キャロルエコ

マツダの軽自動車「キャロル エコ」。R06A型エンジンを搭載し、副変速機構付CVTを用意。グレードは、2WDモデルの「ECO-L」を設定。今回、減速エネルギー回生技術「エネチャージ」、ブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」など、エネルギー効率を高める技術の採用に加え、車両重量の軽量化や、エンジンとCVTの高効率化など既存技術の改善を行うことで、燃費性能が大幅に向上。また、2WD/4WDモデルを用意する「ECO-X」を追加設定。2WD車ではJC08モードで33.0km/Lと従来比で約10%燃費改善し、新設定の4WD車では30.4km/Lを達成。全車エコカー減税の免税対象となる。アイドリングストップ中のエアコンオフ時に、送風を蓄冷材で冷風にすることで室温上昇を抑え、車内の快適性を向上させる技術「エコクール」を採用。さらに、「エコドライブアシスト照明」と、運転終了時、エコドライブ度を100点満点で採点する「エコスコア」を新たに装備し、環境に配慮した運転をサポート。専用フロントグリルの一部と、バックドアを除くアウタードアハンドルをシルバー色に塗装。「ECO-X」ではドアミラーも同色に塗装し、外観にアクセントを追加。4WD車には、ヒーテッドドアミラーと、運転席シートヒーターを標準装備。インテリアでは、ベージュ基調から、ライトグレーとブラウンを組み合わせた明るく親しみやすい内装色に変更。ボディカラーは「リーフホワイト」など全6色を用意する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ECO−L DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 33.0km/l 910,500
ECO−X DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 33.0km/l 1,042,000
ECO−X DBA-HB35S 658cc 5 CVT フルタイム4WD 4名 30.4km/l 1,142,000

マツダ キャロルエコ 2012年11月(平成24年11月) 発売モデル

マツダ キャロルエコ

シンプルで使い勝手のよいキャロルの好評点はそのままに、ガソリン車トップの低燃費である30.2km/L(JC08モード走行燃費)を達成した「キャロル エコ」。新世代のR06A型エンジンを搭載し、副変速機構付CVTを用意。ラインアップは、「ECO-L(エコ エル)」、「ECO-S(エコ エス)」の2タイプ。動力性能と環境性能を高い次元で両立した新世代エンジンと、摩擦抵抗を低減するためのCVTの改良など、パワートレイン全体で燃費性能を向上。また、アイドリングストップシステムを搭載しており、停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止し、燃費の改善に貢献している。また、エクステリアは、リアコンビランプ、ハイマウントストップランプにLEDを採用し、燃料ポンプシステムの改良により省電力化を実現。サスペンションパーツ、ドライブシャフト、フルホイールキャップなどを軽量化。ボディカラーは「リーフホワイト」など全6色を用意する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ECO−L DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 30.2km/l 905,500
ECO−S DBA-HB35S 658cc 5 CVT FF 4名 30.2km/l 1,005,500

マツダ キャロルエコの車種カタログ情報ならGoo-net